女性に優しい胡麻油

輝くあなたに

健康と食べものについて、医学界でも様々な研究が続けられており、多いに食生活に関心の目を向けております。特に野菜を中心とした食事を促しております。
日本には精進料理という先祖からの素晴らしい贈り物があります。
仏門では肉や、魚類の生きものを食することを禁じました。
そこで僧侶は野菜を主に食事を考えました。

今で言うベジタリアンの始まりです。主食は麦、豆類等の穀物から成たっており、とりわけ朝食のおかゆに何故かしら、胡麻が添えられています。それはちぃちゃな粒の中にたくさんの栄養素が含まれているからです。ミネラルが豊富でビタミン類、アミノ酸や良質のたんぱく質、カルシュウム、鉄分、亜鉛、をも有しています。さらに胡麻のリグナン物質が活性酸素を消去する(酸化をおさえる)働きがあります。

サビないあなたに

関根の油を毎日スプーン一杯飲んでいるニコニコ美肌ファンもおられます。 肌荒れの大敵である活性酸素を抑える抗酸化物質で今話題のセサミン、ビタミンE 、セレンを含んでいるからです。

特にごま油は酸化しにくいという事実があります。その訳はオレイン酸や、リノール酸等の不飽和脂肪酸をも多く含んでいるからです。
新陳代謝を活発にするにはビタミン群が不可欠です。
私たちが口にする主な抗酸化物質は
ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、セサミン、ナイアシン、たんぱく質等です。
胡麻にはビタミンC以外の栄養素がすべて含まれています。つまり細胞の若返りに役立ちます。

さらにごま油は浸透し易い特徴がありボデーオイルとして「アユールベーター」に使用され、やさしい香りが癒しの効果があるといわれています。食物繊維もあり、腸内環境にも優しく便秘の改善もみられます。肝機能の強化に役立ち、 アルコールの毒素(アセトアルデヒト)にも働き解毒作用もあります。
まさに私たちにとって胡麻、そしてごま油は理想的な食品だとおもいます。

植物の力に感謝します。

胡麻の魅力

女性に優しい胡麻油

胡麻の歴史

胡麻油レシピ

関連情報

関根の胡麻油ブログ

胡麻油レシピ

関根のfacebookページはこちら

催事出店カレンダー

取扱百貨店情報

ご自宅用 単品限定 お得なキャンペーン 実施中!

このページの先頭へ